トピックス

キャンパスライフ

2020年3月27日

2019年度卒業証書・学位記授与を行いました

 2020年3月15日(日)、2019年度卒業証書・学位記授与を行いました。
 本来であれば、加茂文化会館を会場に挙行される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、式典を中止し、卒業証書・学位記等の配布のみを本学にて行いました。
 本当に短い時間となってしまいましたが、恩師や共に学んだ学友たちと過ごしたり、記念写真をとったりと笑顔に満ちていました。中には、こういう機会だからこそと、「直接学長から卒業証書を手渡していただきたい」とお願いしている卒業生の姿も見受けられました。
 また、配布物の中に一枚のDVDが。それは、同じく中止となってしまった卒業パーティ―で流す予定であったメモリアルムービーに教職員一人ひとりのメッセージを追加したスペシャル版メモリアルムービーDVDでした。一年生の学友会メンバーが卒業生のために一生懸命アイデアを出し作成してくれました。それを見た、卒業生たちも「見れないと思っていたから、すごくうれしい」と喜んでいました。
 
 卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

<卒業生メッセージ(一部抜粋)>
○毎日がとても濃く2年間とは思えないくらい多くのことを学べました。特に人との出会いと保育者のあり方、そして新たな考え方に出会え、学べました。とっても素敵な友だち、先生方、職員の方に出会いました。こんなにも充実した2年間を送ることが出来たのはみなさんのおかげです。ありがとうございました。

○学校っていうとやっぱり面倒くさいと思うんですけど、私は全然苦じゃなくて、むしろ毎日行きたいってくらいに思ってました。友達や先生、環境にとても恵まれて、もちろんきつい実習や授業もあったけど結果的にそれを乗り越えたからこそ、自分はいい保育者になれるっていう自信に繋がりました。先生方の言葉一つ一つはすごく深くて、保育者としての知識や技術だけでなく人として学ぶことも多かったです。友達と毎日爆笑して送った学生生活は私にとって本当に宝物です。中短に入って心から良かったなって思いました。

○学長の石本先生は、いつも笑顔で、学生のことを第一に思ってくださいました。先生の好きなところは、学長だからと言って、偉そうにせず、いつも人との関わりや出会いを大切にしている方だと感じました。

○ 2年生になってから学友会長として学友会に入り、様々な行事の企画運営が楽しかったです!それがきっかけで様々な人と交流できて良かったです!

○ 親身に話を聞いてくれる先生がいたからこそ、二年間乗り越えることができたと思います。また、ミュージカルでより一層仲間との友情を深めることができたと思います。

○入学する前に何度かオープンキャンパスに参加したけれど実際の新潟中央短期大学とはどんなところか不安でいっぱいでした。ですが入学したら先生方や事務の方々、友達が明るく楽しい人たちばかりで、また親身になって話を聞いてくれて中短にきて良かったと思いました。2年間という期間で、人として、社会人になるうえで大切なことを学んだし、成長することが出来たと思います。関わった先生方、事務、学生サポート室の方々のおかげで今の私があるので本当に感謝しています。2年間の感謝の気持ちを込めて、本当にありがとうございました。