トピックス

お知らせ

2019年2月1日

田上町主催「孫そだて講演会」で笠井教授が講演しました

 昨年12月18日(火)、田上町総合保健福祉センターにて田上町主催「孫そだて講演会」が行われ、本学教員の笠井友治郎教授が講演しました。
  笠井教授は、「孫そだてのための多世代コミュニケーション」をテーマに、「核家族の増加などにより、今と昔では育児の常識が異なり、世代間ギャップが起きている。祖父母は、今の子育てを理解し、親世代と祖父母と適度な距離を保ちサポートすることで、親世代のストレスや負担を軽減させる。また、孫との交流は祖父母にとっても新たな生きがいとなるし、多世代の大人が関わることで子どもにとっても情緒安定効果がある」と語りました。