教員紹介

Japanese / English

佐々木 宏之Hiroyuki Sasaki

職 名 准教授
経 歴 東北大学文学部卒業(1996) 心理学専攻
東北大学文学研究科博士前期2年の課程修了 心理学
日本学術振興会特別研究員DC2(2001-2002)
東北大学文学研究科博士後期3年の課程単位取得退学(2002)
日本学術振興会特別研究員PD(2003)
学位・授与大学 修士(文学)・東北大学
博士(文学)・東北大学 実験系心理学
学位論文 視覚的注意による両眼情報の統合と選択
研究分野 実験心理学、社会心理学、応用心理学
研究課題
  1. 視知覚におよぼす選択的注意の影響について
  2. 自己制御の発達におよぼす養育の役割について
  3. 意思決定フレーミング効果の応用研究
所属学会 東北心理学会、日本基礎心理学会、日本心理学会、新潟心理学会、日本教育心理学会
研究業績
学会発表
  1. 佐々木・栗原 (2016). 保育士の言葉がけに見られるフレーミング方略―保育場面の談話分析から― 日本教育心理学会第58回総会
  2. 佐々木・栗原 (2016). 子どもの自己制御行動に関する保育学生言葉がけついて―フレーミング方略の観点から― 全国保育士養成協議会第55回研究大会
  3. 佐々木 (2015). 描画活動を通した認知発達プロセスの探求―物体色の認知と重力方向の認知について― 全国保育士養成協議会第54回研究大会
  4. 佐々木 (2014). 親と保育士の言葉がけにおける経験年数に伴う方略変化 全国保育士養成協議会第53回研究大会
  5. Sasaki, H. & Hayashi, Y. (2014). Regulatory fit in the relationship between the parental message strategy and message’s regulatory focus. 28th International Congress of Applied Psychology, Paris, France.
研究業績
著書等
  1. Sasaki, H. & Hayashi, Y. (2016). Inexperienced versus experienced mothers' and preschool teachers' strategies for providing persuasive messages to young children. In Preschool Children: Social Skills, Educational Development and Health Disparities. Hauppauge, NY: Nova Science Publishers.
  2. 佐々木(2007) 「知覚:ものの見え方、感じ方」 今在(編) 30分で学ぶ心理学の基礎 北樹出版
  3. 佐々木(2007) 「幼児:人間らしくなる」 今在(編) 30分で学ぶ心理学の基礎 北樹出版
研究業績
論文等
  1. 佐々木 (2017). 国内心理学会機関誌7誌の論文タイトル傾向分析―KH Coderを用いたテキストマイニングから― 暁星論叢, 67, 11-41.
  2. 佐々木・林 (2017). 多母集団同時分析による回顧的ペアレンティング尺度の信頼性と妥当性の検討 慶應経営論集, 34, 233-246.
  3. 栗原・佐々木 (2016). 保育者の寄り添う技術についての一考察 ~5歳児M児(女児)が仲間に入れてもらえない場面事例から~ 保育の実践と研究, 21, Winter, 40-52.
  4. Sasaki, H. (2016). Object-color associations in preschool children's drawings. Current Psychology, 35, 410-413.
  5. Sasaki, H. & Hayashi, Y. (2015). Regulatory fit in framing strategy of parental persuasive messages to young children. Journal of Applied Social Psychology, 45, 253-262.
  6. Sasaki, H. (2014). Visual attention to reference frames affects perceptions of shape from shading. Perceptual and Motor Skills, 118, 850-862.
  7. 和田・佐々木 (2014). 感動体験がおよぼす大きな力―幼児期から短大までの感動について― 暁星論叢, 64, 67-77.
  8. Sasaki, H. & Hayashi, Y. (2014). Justice orientation as a moderator of the framing effect on procedural justice perception. Journal of Social Psychology, 154, 251-263.
  9. 佐々木・大橋 (2013). 方向音痴は不可能図形の認知が苦手か? ―大域・局所処理の個人差に注目して―  暁星論叢, 63, 11-20.
  10. Sasaki, H. & Hayashi, Y. (2013). Moderating the interaction between procedural justice and decision frame: The counterbalancing effect of personality traits. Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 147, 125-151.
  11. Hayashi, Y. & Sasaki, H. (2012). Situational and dispositional factors moderating three types of framing effects: Mortality salience and regulatory focus. Tohoku Psychologica Folia, 71, 42-56.
  12. 佐々木・郷 (2011). 海外の保育者・保育学生を対象とした オンラインアンケート調査の試み 暁星論叢, 61, 17-35. 成果報告ページ
  13. 佐々木 (2010). 意思決定フレーミング効果の三類型 ―幼児の発達と保育の観点を踏まえて―  暁星論叢, 60, 55-72.
  14. 佐々木・細川 (2010). 保育学生が抱く親の愛情のイメージ 暁星論叢, 60, 41-54.
  15. 佐々木 (2007). 欲求不満場面における感情理解と感情表出 ―絵画欲求不満テストに表情写真を用いて― 暁星論叢, 57, 17-24.
  16. 佐々木 (2007). 幼児の自立としつけについての親の意識  暁星論叢, 57, 1-16.
  17. Sasaki, H. (2007). Dynamic grouping and interpolation induced by flickering stimuli. Perception, 36, 471-474.
  18. Sasaki, H. & Kanachi, M. (2005). The effects of trial repetition and individual characteristics on decision making under uncertainty. Journal of Psychology: Interdisciplinary and Applied, 139, 233-246.
  19. Sasaki, H., Ishi, H., & Gyoba, J. (2004). Effects of gaze perception on response to location or feature. Psychologia, 47, 104-112.
  20. Sasaki, H. & Gyoba, J. (2002). Selective attention to stimulus feature modulates interocular suppression. Perception, 31, 409-419.
  21. 富田・佐々木・丸山 (2001). Chernoff顔グラフへの適切な変数の割り当てに関する実験的検討 応用心理学研究, 27, 1-16.
  22. 大橋・佐々木 (2000). 中心視と視覚的注意 基礎心理学研究, 19, 33-34.
  23. Sasaki, H. & Nakajima, Y. (2000). Repetition priming of facial expression and identity. Tohoku Psychologica Folia, 59, 53-59.
  24. 佐々木 (1998). 両眼立体視における方位選択性 電子情報通信学会技術研究報告, 98, 39-46.
  25. Sasaki, H. (1999). Orientation-selectivity and spatial frequency-dependency in second-order stereopsis. Tohoku Psychologica Folia, 58, 56-68.
  26. Sasaki, H. (1998). Binocular correspondence between similar orientations. Tohoku Psychologica Folia, 57, 30-36.
  27. Sasaki, H. (1996). Surface in depth and capture of stereopsis by interocularly unpaired regions. Tohoku Psychologica Folia, 55, 12-18.