教員紹介

村木 薫Kaoru Muraki

職 名 教授
経 歴 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了(1991)
学位・授与大学 修士(芸術学)・東京藝術大学
研究分野 美術、彫刻、幼児教育教材、環境指導法
研究課題
  1. ミュージカル制作(舞台美術)
  2. 自然素材を用いた造形表現
  3. 幼児教育における自然の役割
所属学会 美術科教育学会、美術教育実践学会、広島芸術学会
研究業績
論文等
  1. 村木・坂内(2017)表現活動指導法の授業アンケート調査結果における考察(1)~保育者養成の観点から~ 暁星論叢, 67, 61-83
  2. 村木 (2015). 「松代におけるまちづくりの未来―アート・建築・人と人との関係づくり―」シンポジウム記録及びその考察 暁星論叢第65号,21-46.
  3. 村木 (2014). 越後妻有アートトリエンナーレにおける13年間の土壁プロジェクトによる考察―生活とアートの融合を考えるきっかけとして― 暁星論叢, 64, 17-36.
  4. 村木 (2008). 地域をつなぐ子どもとアートの可能性 「新通プロジェクト―幼児期との対話―」を通して見えてくること  暁星論叢, 58, 1-20
研究業績
作品等
  1. 越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」 松代町商店街における土壁による修景プロジェクト (2000~現在継続中)
  2. 個展「木魂ー風への予感―」 楓画廊 土、木、藁による人体表現の可能性を探る (2004)
  3. 新通保育園における環境教育のためのビオトープ制作 (2004~現在継続中)
  4. 7.13水害チャリティー作品展 CDジャケット作品 楓画廊 (2004)
  5. 「久比岐野川街道・関川を見守る一里塚」デザイン・制作 新井市・板倉町・妙高村・妙高高原町 (1998~2001)
  6. エチゴビール庭園の環境造形 新潟県巻町 (1995~2001)
  7. 「子どものための美術展’98 目でからだで心で見る、私の見方、感じ方で」 新潟県立近代美術館 (1998)
  8. シリーズ新潟の美術’98 新潟県立近代美術館 (1998)
  9. 個展「環境造形に関するノートよりー還元への道―」 アトリエ我廊 (1997)
  10. 第5回 風の芸術展ビエンナーレまくらざき 鹿児島県枕崎市 (1997)
  11. 個展「集積と還元シリーズより」 Оギャラリー(銀座) (1996)
  12. ガルベストン・新潟提携30周年記念モニュメント制作 (1995)
  13. 倉敷まちかどの彫刻展 倉敷市美術館 (1990)