学科の特徴

アットホームな環境で
少人数教育を最大限に発揮

新潟中央短期大学の魅力は、小規模校であるがゆえになしうる徹底した少人数制教育です。 保育者・幼児教育者というヒューマンサービスのエキスパートを育む学校だからこそ、きめの細かい教育と行き届いた指導が大切です。 本学は、学生と教員の距離が近く、温かい人間関係をむすびながら学べるめぐまれた教育環境があります。

教養教育科目

教養科目

教養科目は、現代的知性を獲得すると同時に、 専門性の土台を築く教養を身に付けることが第一の目的です。人文・社会科学・自然科学、それぞれの科目と、 保育国際化時代に対応した外国語コミュニケーション科目、身体表現力の養成に重きを置いた体育科目などを開設しています。

専門教育科目

専門教育科目

専門教育科目は、現場に強い人材育成に照準をあて、 効果的なカリキュラムを組んでいます。芸術的感性と技術を磨く保育表現系科目、カウンセリングマインドの習得に向けた心理系科目、 低年齢児保育ニーズの高まりに対応した乳児保育系科目などのほかに、児童福祉の理念と援助技術、地域レクリエーション活動の指導法を学ぶ科目など、 多様で充実した科目が用意されています。

総合研究

保育・教職実践演習(ゼミナール形式)

保育・教職実践演習は、実習と同様に幼児教育科のカリキュラムの柱をなす演習科目です。通常の講義科目と異なり、10人前後の少人数でゼミナールが組織され、学生それぞれが研究テーマを掲げ、教員の指導とゼミメンバーとの相互学習により内容を深めていきます。ゼミナールはその意味で授業科目の枠を超えた、「学びの共同体」と言えます。

表現活動指導法(アクティブラーニング型)

演習課題1ではグループ単位で子どものための鑑賞教材としての視点から、素材(合唱・合奏・オペレッタ・手品等)を選定し、作品を制作して、学園祭で発表します。演習課題2ではミュージカル作品を共同制作し、脚本作りやロールプレイングを通じて幼児の心性に係わる知識理解を深めるとともに、表現技法の習熟とコミュニケーション能力の向上を図り、保育者としての実践的指導力を高めていきます。

単位互換制度

単位互換制度

本学は、同じ学園にある新潟経営大学と単位互換制度を設けています。 新潟中央短期大学に在籍する学生は、本学にはない科目を、新潟経営大学でも学べます。もちろん新潟経営大学で取得した単位は、 本学で認定されます。