卒業研究

まなびの記念碑をつくる

卒業研究は「保育・教職実践演習」という授業で行われる1年次後期から2年次にわたる 本学独自の教育プログラムです。現場保育者に求められる問題発見・解決能力とプレゼンテーション力を養成することを目的としています。 学生は自らのテーマを決め、専任教員ごとのゼミでの指導と、学科全体の発表会を通して研究を深めていきます。研究成果は、論文、 制作物、実践・実技記録などの作品にまとめられます。

卒業研究一覧・・・  「19年度」 「20年度」 「21年度」 「22年度」 「23年度」 「24年度」 「25年度」 「26年度」

1年次生

時期 内容
10月~1月

レポート作成
まずは自分の問題関心から出発します。内容がある程度まとまったら、個別に教員をたずね、アドバイスをもらいながらレポートを作成します。

2月

テーマ報告会
総合研究テーマ報告会でレポートを口頭発表します。

ゼミ配属先
決定レポートと報告会での発表をふまえて、ゼミの配属先が決まります。

2年次生

時期 内容
4月 本格的なゼミ活動スタート
個別に研究を進めていきます。教員やゼミのメンバーとのディスカッションが研究を洗練させる助けとなります。調査旅行や研究合宿、バーベキュー大会などを行い、研究と共に親交を深めます。
9月 中間発表会
卒業研究の完成に向けて学生が取り組んできた調査研究、制作、実践活動の途中経過を口頭発表します。
12月 卒業研究の提出
研究の大詰めの時期です。1年間の研究活動の集大成が仕上がります。
1月

査読指導
提出された論文や作品はゼミ担当教員ともう1人の教員から指導がなされます。

2月

卒業研究発表会
研究成果を口頭発表します。納得の行くまで続けられる質疑応答によって、研究が共有化されます。教員は提出された作品等と合わせて審査し評価を決めます。

卒業研究テーマ例(平成26年度)

調査研究
  • 発達障害のある子どもへの支援について
  • 子どもと保育者のコミュニケーションの仕方
  • 乳幼児期の食事の好き嫌いと家庭での配慮について
  • 離乳食づくりに関する研究
  • テレビ視聴に見る子どもの発達について
  • 野外保育における森のようちえんの影響
  • 子どもの笑いについて
  • 赤ちゃんへの言葉がけとしつけについて
  • 学童保育について
  • 子どものひとりごとについて
実技・表現・制作研究
  • 手話について
  • パネルシアターについて~CDを用いた場合と肉声での実践の比較~
  • 五感を刺激する大型絵本の作成
  • 壁面構成の制作と実践
  • コミュニケーションがとれるエプロンシアターの制作と実践
  • 幼児の造形活動について
  • 絵本について
  • 保育実践におけるギターの可能性について
  • 自然と関わる子どもの姿~外遊びを通して~
  • 子どもの表現を引き出す製作活動
  • 子どもと楽しむ音楽表現について
  • 切り紙について