就職活動体験記

幼児教育科2年

情報収集はどのようにしましたか?

就職サポート室の前にある掲示板やサポート室内で希望する園の求人情報がないかをこまめに調べるようにしていました。またサポート室内にいる就職指導の先生にも相談したり、話を聞いたりしました。

就職活動中大変だったことは何ですか?

保育園に就職したいという曖昧な思いしかなく、なかなか受けたい園が見つからなかったので、それを決めるまでが大変でした。いくつか気になる園をしぼり、園見学へ行くなど限られた時間をどう有効に使うかが問われました。受けたい園が決まってからも受験のための準備(面接、作文、ピアノ)等をするのが大変でした。

 

どのようにそれを乗り越えましたか?

用事がなくても就職サポート室に通い、自分が考えていることや不安なこと心配事などをサポート室の先生に相談しアドバイスをもらうなどして自分がどこの園に向いているか、試験の準備のために今自分がすべきことは何かを先生と一緒に考えました。

 

就職活動中に感じた良かった・嬉しかったことはなんですか?

先生方から励ましの言葉や内定をいただいた際のお祝いの言葉などをもらったことが何より嬉しかったです。私が就職活動中、周りの友人たちは実習中で友人に相談することが出来ず心細かったのですが親身に相談に乗ってくださった先生方の存在が心の支えになりました。

 

就職活動を通して大切だと感じたことを教えてください。

自分で自分の長所と短所を理解することや自分がなぜ保育者になりたいのか漠然とした理由ではなく、具体的に自信を持って答えられるようにしておくことは面接にもつながるので大切だと思います。また自分が希望する園でどのような保育を行っていきたいか、どのような保育者になりたいかなどイメージを膨らませておき、自分の言葉で表現できるようにしておくことも大切だと感じました。そして園見学や自主実習へ行き、園の雰囲気を比較したり自分の保育と園の保育の相性を確かめたりすることで自分に合った園が見つかるのではないかと思いました。