就職活動体験記

幼児教育科2年

情報収集はどのようにしましたか?

就職サポート室の前の掲示板やサポート室内で希望する園の求人情報がないかをこまめに調べるようにしていました。またサポート室の先生にどんな求人が来ているのか聞いたりしていました。

大変だったことは何ですか?

自分にはどんな園が向いているのか、また自分自身保育園に就職したいのか幼稚園に就職したいのか二年生になっても決められず悩んでいたのでそれを決めるまでがとても大変でした。受けたい園が決まってからも授業や実習の合間を縫って受験のための準備等するのが大変でした。

 

どのようにそれを乗り越えましたか?

用事が無くても就職サポート室に通い自分の考えていることや悩んでいることをサポート室の先生に相談をし、アドバイスをもらうなどして一緒に自分がどの園に向いているのか試験のためにどんな準備をした方がよいのか考えました。

 

就職活動中に感じた良かった・嬉しかったことはなんですか?

試験前に緊張と不安でネガティブになっている時に友人たちから「自分らしく全力を出し切れば大丈夫!」などのメッセージを貰ったことや内定を頂いたときも自分のことのように喜んでくれ「おめでとう」と友人たちが言ってくれたことです。また就職サポート室の先生が私の性格などを理解したうえで親身に相談に乗ってくださったのでとても心強かったです。

 

就職活動を通して大切だと感じたことを教えてください。

自分で自分の長所・短所を理解していることや自分がなぜ保育者になりたいのかを漠然としてではなく具体的に自信を持って答えられるようにしておくことが大切だと思いました。また私は二年生の夏頃になっても保育園もいいし幼稚園もいいなとどちらにしたいのか全く決められずにいたので遅くても二年生の春までには大体どちらがいいのか決めておくと就職活動を始める際に自分の希望に合った園の情報が集めやすいと感じました。そしてこれは就職活動に限ったことではないですが何事も早め早めに行動し準備をしていくこともとても大切だと思いました。