• 出前保育で見つける3つの宝物
  • 出前保育の流れ
  • これまでの実施例
  • 出前保育レポート

出前保育で見つける3つの宝物

自分に磨きをかける!

自分に磨きをかける!

「出前保育」は学生が自主的に参加。事前に保育施設に足を運んで打ち合わせをし、どんなパフォーマンスを行うか考えるのも学生自身です。教員はアドバイザーに徹し、学生の自主性や創造力に任せて準備を進めていくのが、この取り組みの特徴。「子どもたちを楽しませたい!」という思いで団結し、考え、迷い、そして本番を経験することで、学生自身が大きくスキルアップする機会になっています。

子どもたちをキラキラ笑顔に!

本学では、子どもたちに喜んでもらうことを第一義としています。保育現場で直接子どもたちと触れ合うことができるこの活動は、まさに子どもたちを喜ばせ、笑顔になってもらうことを目標に取り組みます。「出前保育」を実施した保育施設からは、「子どもたちの目が輝いていました」「外部の方に楽しませてもらうのは、子どもたちにも大きな刺激になります」と、たくさんの嬉しい声をいただいています。

輝く学生のエネルギーを地域に

輝く学生のエネルギーを地域に

取り組み1年目の平成13年度には2施設からお招きいただいた「出前保育」。年数を重ねる中で評判が広がり、訪問する施設の数は増え、また毎年依頼してくださる施設も出てきました。保育所や子育て支援センターなど、地域の子育てを支える施設での活動は、学生が現場経験を積んだり、ボランティア精神を学ぶ貴重な機会。その分、地域の方々へ、学生ならではの若さやエネルギーをお届けしたいと思っています。