• 出前保育で見つける3つの宝物
  • 出前保育の流れ
  • これまでの実施例
  • 出前保育レポート

出前保育レポート

平成28年12月9日(金)9:30 会場到着

本番当日。開始時間より前に現地入り。会場を準備して、パフォーマンスの順番や役割を全員で最終チェックします。

会場の飾りつけもバッチリ!
間もなく本番、ギリギリまで入念な打ち合わせは続きます。

10:30 スタート

まずは皆さんにご挨拶です。
子どもたちの緊張もとれてきたー。

カレーライスのパネルシアターに合わせて、親子で触れあって楽しみました。


うさぎさんから子どもたちへプレゼント。とっても喜んでもらえました!

11:15 おわり

皆で力を合わせ、子どもと触れ合った充実の一日でした!!

子どもの笑顔にたくさん元気をもらいました!!

●出前保育を振り返って

親御さんと子どもたちが一緒に楽しめるように、内容の構成を考えました。今回工夫したのは、2歳児未満が多かったので自分の体を触る手遊びを多く入れるなど分かりやすい内容にしたこと。また、親御さんと触れ合う遊びも入れることで早く緊張をとき、楽しんでもらえるよう気を配りました。出前保育ではその回ごとに子どもの年齢が変わるため、対象を意識してプログラムを作るようにしています。このような保育の現場で実際に研修ができることはとても勉強になります。現場では想定外のことがたくさん起こるということに気づかされ、臨機応変に対応できる行動力が身につきます。実習での学びや子どもたちの笑顔は、学校生活や次回の出前保育への励みになります。

将来はお子さんだけでなく親御さんにも信頼を持ってもらえる保育士になりたいです!

今井成輝さん 斎藤友莉奈さん 幼児教育科 1年