沿革

新潟中央短期大学の源流

新潟中央短期大学は、1920(大正9)年、曹洞宗大昌寺に、当時の住職西村大串師が地域の勤労青少年に勉学の場を提供し、禅の精神に基づく人間教育をめざして創立した「加茂朝学校」を母体としています。大串師は、東京帝国大学英文学科を卒業後、僧職にありながら成蹊実務学校(東京池袋)で教鞭をふるう教育者でありました。「朝学校」の設立趣意書の中で大串師は、「学は業のためにあり、業又学でなければならないのである」とする実学主義の立場からこう述べています。「朝学校は、自ら真に求むる人々の人格の修養場である。何でもやりとおす事は至難の事である。それをやりとおした快味等はやらぬ人達の到底之を考え及ぼすことの出来ないものである。あくまでも朝学校も初一念を貫徹してお互いの人格の向上と国運の進展とに努めたいものである」と。その創立の意志は、長い歳月を経て、加茂暁星学園の学風となって今日に受け継がれ、豊かな人格、積極的な奉仕精神と実践力を兼ね備えた人材を多く育て上げ、各界に送り出してきました。

初代学長 金田綱雄(1903-1986)顕彰碑 初代学長
金田綱雄(1903-1986)顕彰碑

年表

昭和43年4月
暁星商業短期大学設立
商業科(当初は昼夜間2部制)開設
昭和56年4月
加茂暁星短期大学に校名変更
幼児教育科新設(入学定員50人)
昭和61年4月
新潟中央短期大学に校名変更
商業科を商学科に科名変更
平成6年4月
商学科を新潟経営大学経営情報学部に改組転換
平成7年4月
幼児教育科だけの単科短期大学となる
平成19年4月
幼児教育科の定員を変更(入学定員80人 収容定員160人)
平成28年3月
校舎を移転改築
平成28年4月
幼児教育科の定員を変更(入学定員100人 収容定員200人)