建学の精神・教育目標・3ポリシー

建学の精神

「業学一如」
学は業のためにあり、業また学でなければならないのである。

教育目標

子どものために 子どもと共に 学びつづける保育者

新潟中央短期大学の3ポリシー

1.求める学生像(Admission policy)

  • 保育・教育・福祉に関わる仕事に就くことを希望し、努力できる人
  • 子どもに愛情を持って関わり、子どもを理解しようとする人
  • 自らの考えを持ち、また他者と協働しながら学んでいける人

2.授業構成について(Curriculum policy)

  • 専門的な学修につながる知識・技能や社会人として必要な思考・行動を修得するための教養科目を設置する
  • 保育・教育・福祉の場で求められる専門的知識・技能を修得するための科目を設置する
  • 授業で修得した知識・技能等について、実践の場で応用・展開できる力を育む実習科目を設置する
  • 少人数制のゼミナール形式の授業を設け、主体的に学ぶ姿勢・態度及び協働して課題を解決する力や論理的な思考力を育む科目を設置する
  • 表現技法の習得を通して、子どもの成長と発達を援助する力と人間的成長を図る科目を設置する

3.育てたい学生像(Diploma policy)

  • 子どもの成長と発達を援助する専門的知識及び技能を身につけている
  • 適切な保育を行うために必要な思考力、判断力、表現力を身につけている
  • 多様な子どもと子どもを育む環境を理解し、共に学ぶ意欲、態度を身につけている
  • [具体的な基準項目:学修成果]

    (1)子どもの成長と発達についての知識を身につけている

    (2)子どもの成長と発達について援助する技能を身につけている

    (3)社会人及び保育者としての心身の健康に関する知識を身につけ、その大切さを理解している

    (4)社会人及び保育者としての心身の健康に関する技能を身につけている

    (5)自然と関わる中で命の大切さに関する知識を身につけ、その理念を理解している

    (6)保育者として必要な表現技術を身につけている

    (7)情報機器等に関する知識および活用する技能を身につけている

    (8)社会人及び保育者としての自覚や責任感を身につけている

    (9)子どもとの関わりにおいて省察し、新たな課題に気づき取り組む力を身につけている

    (10)社会人及び保育者としての連携・協働の大切さを理解している

    (11)社会人及び保育者として相手を尊重し協力する態度を身につけている

    (12)社会人及び保育者としての倫理・道徳に関する知識を身につけている

    (13)社会人及び保育者として規範やルールに従って行動する力を身につけている