教育目標

建学の精神

「業学一如」
学は業のためにあり、業また学でなければならないのである。

教育目標

知識
人間を愛し、自然を慈しむ心を基調に、幼児教育、保育及び児童福祉に関する専門的知識と理解を深め、知見を広める。
技能
幼児の心身の健全な発達を援助する技法を体験し、養護、芸術、レクリエーション等に関する基本的技能の習熟を図る。
態度
幼児教育、保育に従事する専門職としての自覚を高め、常に自らの充実と向上を目指して積極的に研修する態度を養う。

新潟中央短期大学の3ポリシー

1.求める学生像(Admission policy)

  • 子どもに愛情を持ち、保育士及び幼稚園教諭の職に就くことを強く希望している人
  • 基本的生活習慣を身につけ、礼儀正しい行動ができる人
  • 人との関わりの中で自らを高めようとする人

2.授業構成について(Curriculum policy)

  • 充実した教養科目を設ける
  • 保育・幼児教育を実践するための方法や技術を習得するための科目を設ける
  • 子どもと家族について理解を深める科目を設ける
  • 保育・幼児教育について保育の現場で体験的に学ぶことができる科目を設ける
  • 少人数制のゼミナール形式の授業を設ける
  • 表現技法の習得を通して、人間的成長を図る科目を設ける

3.育てたい学生像(Diploma policy)

  • 人間と自然を愛し、子どもの成長と発達についての専門的知識を身につけている
  • 子どもの発達を援助する技法や保育の表現技術を身につけている
  • 保育者としての自覚と責任感を持ち、社会性や対人関係能力を身につけている